鬼が帰った後は…

お見送りをしてくれるぐらい仲良くなった鬼と子どもたち。「また(来年)来るね~」「さよ~なら~!!!」

 

 

 

その後、鬼から逃げるのに必死で投げられなかった豆をゆっくり投げました。「鬼はそと~!福はうち~!!!!!」

 

 

その後、豆を歳の数だけ食べました。
※豆を自分の歳の数(または+1)だけ食べると、体が丈夫になって病気になりにくくなる言われています。