園外保育(芝山仁王尊)

子供の成長を祝う行事として古くから執り行われている七五三。
当時は医療が発達しておらず、乳幼児の死亡率はとても高かったそうです。
その為、3歳・5歳・7歳になると神社やお寺などに行き、
この年まで無事に成長したことへの感謝、
そしてますますの成長と幸せを神様にお願いするようになったというのが七五三の由来です。

 

 

今年度も芝山仁王尊へ無事に成長したことを伝えに行きました。
「大きくなりました!」

 

 

仁王尊へお参りに行ってからすみれ組とたんぽぽ組は階段で、
つくし組はバスでそれぞれ芝山公園へ向かい遊びました。
遊び方は様々で遊具で遊ぶ子、自然物(どんぐりや落ち葉)を拾う子、坂の上から転がる子…
元気いっぱいです。(笑)

 

お弁当もたくさん食べてごちそうさまでした♪

次の記事

芝山公園では…