はじめての習字 廃材遊び 

はじめての習字にドキドキワクワクの子どもたち

まずは、すみれ組のお部屋で担任が準備する様子や、筆の運びかた、片付け方を近くで見て細かく伝えていきました。

遊戯室に移動して取り組み始めると、一つの工程が終わったら手はお膝にして待ち、静かに話を聞きながら、落ち着いて取り組むことができました。
鉛筆持ちに慣れているので、筆を立たせて書くのは難しかったようです。しかし、子どもたちは『お手本のように!!』と意識しながら、集中して取り組むことができました。よく頑張っていましたし、とっても上手でした。作品は持ち帰りましたので、ご家庭でお子様のがんばりを認めてあげてくださいね!

写真はお片付けをしている様子です。

感想を聞くと「たのしかった😊」「また、やりたい!!」といっていました♪
楽しんでもらえてうれしいです♡

 

今日は雨だったので自由遊びの時間は、雨の日限定『廃材遊び』
牛乳パックや、コンタクトのケース、段ボールを使って自動販売機やロケット、メガネ等々…
子どもたちの発想力に驚かされました。😲

前の記事

英語であそぼう☆

次の記事

じゃがいも掘り